日本人の主食は米だったらいいな

user-pic
0

よく日本人の主食は米だと言われて、私も馬鹿の一つ覚えみたいに、「日本人の主食は米です、とか言っちゃうじゃないですか。でもコンビニのおにぎりくらいしか食べないですよね、ね」なんて方々で言いふらしていましたが、日本人の主食が米だというのは妄想らしい。
というと語弊があるけれど、少なくとも弥生時代以降日本人は稲作によって生活の基盤をなしてきた農本主義国家でしたというのは、疑ってもいいようです。国家につくられた伝統みたいな話はよくあるけれど、たぶん大事な問題は「じゃあなんで日本人の主食を米にしたかったわけ?」ということですよね。

律令国家ができてから、戸籍に入った人間ひとりひとりに水田を分け与えたって歴史の教科書には書いてあったけど、実際のところ当時の日本列島には全員に分け与えるほどの耕地は開かれていなかったし、全員が食べるほどのお米も獲れていなかった。だからたいていは肉とか穀物とかどんぐりとか食べていたんですって。米はむしろ貨幣=交換手段としての性格が強く、お米を作っているところではお米が食べられず、都市の豊かな商人たち(中世以前の、ですよ)の手に多くは渡っていた。
現在の日本で一番美味しいお米が食べられるのは東京だ、という話と少し似ている。全国から集まってきますから、お米。
米が貨幣として機能していた、ということも、由縁をたどれば神様にささげるものだったから、つまりつくった人のものではなくって神様のものだったから、いったん神様(=しばしば天皇・中央集権と同じところ)にお返しすることで、手垢のついていないネームタグもついていない所有権もついていない純粋なツールとして使うことが可能だった、というような話です。ただ庶民の口に入りにくいからという理由だけではなく、そういう聖なるものだったところから、日本人のお米に対する憧れや執着が生まれているのではないか、とか。

でも当時の中央政府が「米つくれー、米つくれー、コメー」と言っていたことは確かだそうで、やっぱり日本はお米の国になりたかったんだと思います。農本主義とか言われても農民は貧しかったしお米を食べていなかった日本。でもお米を食べたかった日本。
「日本人の主食は、米です!米ってことに、したの!したいからするの!」って言い張ってる日本。
「お米、食べたいなあ」って指くわえている日本って、ちょっと新鮮ですね。指はくわえなくてもよいけど。
白いからかなあ美味しいからかなあ栄養があるからかなあ海を渡ってきたからかなあ。


公演のチラシに「日本人の主食は東京です」という文章を書きました。もしどこかで見かけたら、読んでいただければ幸いです。
そういえば東京も、明治に入ってからの遷都でしたね。天皇をわざわざ京都からひっぱってきて皇居つくっちゃって、京都では当然、色々と反発もあったようです。ちなみに皇居の中では田植えby天皇と養蚕by皇后が行われているそうです。でもこれは昭和からだったかな。
やっぱり、「日本人の主食は米です」も「日本の首都は東京です」も、駄々っ子が言い張ってるわがままのような気がするのは、私だけですか?悪くないと思いますけど、駄々こねるのも。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.pepin.jp/mt/mt-tb.cgi/4