めらめらめらんこりー

user-pic
0

neko.jpg

昨日は、お友達の誕生日会だったのですが、
その人が、周りの人たちにとても愛されているんだなということを感じて、
幸せな気持ちが昂じて、メランコリーな気分に駆られてしまいました。

さだめなき世は なかなかに、
さだめなき世は なかなかに、
憂きことやたのみ なるらん。

これは、最近読みかじった謡曲の一節ですけれども。
その本当の意味は、不勉強でよくわからないし、
前後の文脈をまったく無視して、勝手に引用させていただきますが。
留まることなく流れる時間のなかで、何も頼りにならない世界のなかで、
「憂きこと」だけが却って確かな、拠りどころになるということならば、
すごい生命力にあふれてる言葉だと思います。

一瞬時間が止まってしまっているような、幸福なときがあって、
その幸せの熱と、その瞬間がいつまでも続いて欲しいと思うなんか悲しい願いと、
いっしょくたになって、居所がなくなってしまう。
そんなとき、胸が灼けるような憂鬱がこみあげてくるのだと思うのです。
幸せが、時間の流れと一緒に消えてしまうような気がするから、憂鬱なんでしょうか。
留まるものではないから。

で、その憂鬱っていうのは、まるで「情熱」ってものに似ていて、
めらめらと燃え上がるような、時間の流れよりも早く走って幸せを追っかけたいような、
居てもたっても居られないような、そんなメランコリーだと思ったのでした。
そんなメランコリーが、ともかくも生きてみる原動力だったりするのかも。生命力。
メランコリーがめらめら、燃えて、熱くて、やむにやまれず、走り出しちゃうような。
そんな、めらめらめらんこりーな夕べがありました。

ちなみに写真は、猫のあまりに幸せそうな寝顔に、
やっぱり、めらめらめらんこりーになったある昼下がり、です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.pepin.jp/mt/mt-tb.cgi/49