タウンズビル日記

user-pic
0

townsville 064_m.jpg

先週お伝えしましたが、週末にMagnetic Island というところに行ってきました。
目的は・・・要はメンバー全員で親睦を深めることと・・・オーストラリアを味わおうということだと思います。

townsville 109_m.jpg

townsville 117_m.jpg

Magnetic Island はTownsvilleの港からフェリーで1時間かからないくらい。小さな入り江がたくさんあって、水が青くて、とても綺麗な島です。スキューバダイビングをやる方だとすごくいいかもしれません。今は冬ですが、それでも夕方陽が落ちるまでは泳げるほど暖かいです。カヤックも出来るそうです。
「BASE」というユースホステルとコテージとの中間みたいな宿泊施設に止まったのですが、これはオーストラリア各地にあります。
ビーチに、大きな海の家みたいな感じでレストラン/カフェ/クラブがあり、これを中心に小さなコテージが群れ集まっています。この中には二段ベッドが4つ。
一日目はチャーターバスで島をぐるりと一周。観光名所で途中下車。まるきり修学旅行でした。

townsville 107_m.jpg
(World Interplay 御一行様)

townsville 111_m.jpg
(クラゲをさばく少年)

townsville 131_m.jpg
(海の男は半ズボン)

townsville 135_m.jpg
(日が暮れるまで砂浜で語らうWorld Interplayの人たち)

夕方に少し泳ぎ、そのままバーが終わるまでまで皆ひたすら呑んで、踊って、喋って、踊って、踊って、踊っていました。セーターを着る気温なのに夜中にわざわざ水着に着替えて海に飛び込む人もいるし、出会って一週間、すでに愛を語り合っているふたりもいるし。私たちがあまりに大騒ぎしているので、別の席にいたバックパッカーとか集団客が集まってきてしまう。ごちゃごちゃ。
南十字星を見て、0時過ぎてすぐに「お誕生日おめでとう!」と抱きしめてもらえて。なかなか忘れがたい誕生日になりました。

翌日は、朝早く出かけて、馬と一緒に泳ぎました。すごいレジャーがあるものですね。
水着で裸馬に乗ることになるとは思いませんでした。
フェリーで無事帰ってきて、タウンズビルの中心街で買い物をしましたが、ショッピングモールの店は17時に閉店。一事が万事この調子だ、この人たちは。  

townsville 148_m.jpg
(嫌がっている馬)

海からあがって太陽と風にさらされていると、自分のからだがしょっぱくなってるのを感じます。
からだのあちこちに塩が結晶して、なんかもう、肌も目も鼻も耳もしょっぱい。
丸一日潮風にさらされてた自転車みたいに、ぼろぼろになって大学に戻ってきました。
週末の遊び放題デイズを終えて、いよいよ最終発表(?)に向けてのwritingが始まります。
なんだか遊んでいることばかりブログに書いていて、何しているのか分からないと思いますが、これでも平日は一応、朝から晩までワークショップやディスカッションのプログラムで埋まっているのですよ。一応。

最後にひとつ、今日は、とても嬉しいことがありました。
キャンパスに戻ってきて、遅れて食堂に行ったら、みんながHAPPY BIRTHDAYを歌ってくれたのでした。こんなにいろんな国の人たちに祝ってもらうのは勿論、こんなに大勢の人にこの歌を歌ってもらうのなんて初めてだったので、嗚呼本当に、嬉しかったです。
ティーンズの子も混じっているせいでしょうか。この大会の雰囲気は心なしか、高校っぽいノリのような気がします。なんか青春ぽいにおいがします。「同じものが好きな人たちが集まっている」というのは、結構こっ恥ずかしい、甘酸っぱいものですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.pepin.jp/mt/mt-tb.cgi/56