全員野球/『ぶらり信兵衛?道場破り?」

user-pic
0

以前に、時代劇について語っていく、と宣言したのに、
まだ一回も記事を書いていなかった。
今日は、記念すべき第一回ということで、予告どおり、

高橋英樹さん主演の『ぶらり信兵衛?道場破り?』を、ご紹介します!


◆あらすじ
タイトルを見れば大体設定はお分かりいただけると思います。
高橋英樹さん演じる、プー浪人の信兵衛は、長屋をぶらぶらしてるだけなんだけど、
実は剣がものすごく強くて、たいていの剣術の師範(道場主)は歯が立たないほどなのです。

信兵衛さんは、普段は弱くて無能の呑べえのフリをしているんですが、
誰か困った人をみつけると、その人を放ってはおけず、
「"商売"に出かけてくる」と言い残して、酒の入った竹筒片手に、長屋を飛び出していきます。

そして、道場に殴り込みを掛けます。
もちろん信兵衛さんは強いので、大抵の道場主は、大勢の生徒の前で窮地に立たされます。
そこで、信兵衛さんは道場主に、こっそり八百長を持ちかけるのです。
つまり、わざと負けて、道場主の顔を立ててやる代わりに、口止め料を要求するのです。
そうやって手に入れた小判で、信兵衛さんは困っている人を助けてあげるのです。

◆「弱さ」で生き抜く
このドラマが出色である所以のひとつは、「とにかく解決策は金」というテーマだと思います。
大抵の時代劇は、剣の腕が正義を振るう、ぶっちゃけて言えば暴力至上主義ですが、
それで問題が解決されるのは、せいぜい、悪代官の金儲けや、大商人の抜け荷(密輸入)。
最下層の庶民の前で、悪い奴を斬り捨てたところで、誰のお腹もいっぱいになりません。

結局、助けてくれるのは人情と金なんだなあ。
そもそも、信兵衛さんは、刀も質に入れてしまって、
腰に下げているのも、竹光(竹を削いで刀にみせかけた偽物)なのです。
強いことは強いんだけど「強さ」で勝ち抜くのではなく、
「弱さ」(わざと負ける)で勝つ。負けて、生き抜く。

そういう、ある意味シビアな世界観でもって、徹底的に庶民(長屋)の生活を中心に
描いているところが、原作にも共通する、この作品の背骨だと思います。

◆脇役が主役
加えてTVドラマでは、信兵衛さんの住む長屋の、お隣さんたちのキャラクターが
ものすごく生き生きと、力強く描かれています。

ここでは、お隣さんたちのキャラクターをいちいち紹介すると、読むのも大変なので、
このドラマのすてきな主題歌を紹介したいと思います。

信兵衛さんの長屋は十六軒
鶴とふたりで ぶーらぶら
むこう三軒両隣 小舟さんたら 左褄
重助じいさん 夜鳴きそば
おぶんは十八 孫娘
十手片手に 以三は子守りで
籠は金太と銀太でね
(1番のみ)

これだけで、貰い子の鶴坊、芸者の小舟、そば屋の重助じいさんとその孫・おぶん、
岡っ引の以三、駕篭かきの金太&銀太の2人組、が登場しています。
2番では信兵衛には全然触れず、子沢山の夫婦とか、居酒屋の看板娘とかが紹介されます。

で、とにかくこの人たちのキャラクターが濃い。信兵衛さんを食っちゃってしょうがないのです。
ちなみにそば屋の重助さんは、かの有名な浅草のデン助(大宮敏充)さんが演じていますが、
相当すごい芝居をしています。
私は初めて見たとき、こんな人がテレビ出ていいのか?!と仰天しました。
(※途中で降板)

原作は、山本周五郎さんの『人情裏長屋』に収められた短編ですが、
この小説を、こんなに愛すべきドラマにしてしまったTVの人たちはすごいと思う。
小説にはなかったこれほどの魅力は、脇役である長屋の人たちの魅力を
これでもか!と膨らましきったところに生まれたのだと思います。

とにかく、主題歌が、このドラマのスピリットを余すところなく表現していると思います。
脇役たちが全員登場するって、なんて素敵な主題歌なんでしょう。
しかもこれ、歌っているのが「ボニージャックス」なんですよ。
ピンのスター歌手ではなく、ハーモニーで魅せるアカペラグループですよ。(すみません)


まさに全員野球。それが、このドラマの魅力だと私は思っています。


ほかにも、毎回必ず、コスプレ的な妄想シーンが挿入されたり、
高橋英樹さんが後年「越後製菓」のCMで発揮するバカっぽさが満喫できたり、
楽しい見どころ満載のドラマです。
機会があれば、ぜひ見てみてください!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.pepin.jp/mt/mt-tb.cgi/111

コメント(7)

> 私は初めて見たとき、こんな人がテレビ出ていいのか?!と仰天しました。
> (※途中で降板)

この一文がすげーそそるね。
やっぱり、出ちゃいけなかったのか!って。笑

観たいけど、DVDとかないみたい。
スカパーとか観れないしなあ。みんな探してます。
http://okwave.jp/qa4286354.html

あ、私、全部録画しているから、見たかったら貸せるよ!

user-pic

はじめまして。
ぶらり信兵衛道場破りをすべて録画されてるってすごいですね。
幼い頃に少しだけ再放送でみて以来なのにすごく覚えています。
これと遠山の金さんで高橋英樹さんのファンになったんです。
道場破りはYoutubeに落ちてた分だけ見ました。
だからすべてお持ちなのはうらやましいです。
よかったらお返事ください。

お返事が遅くなり、申し訳ありません!
ぶらり信兵衛道場破りの話題に反応してくれる方がいるとは・・・!
すっごく嬉しいです。ありがとうございます。

後からきちんと確認したわけではないですが、
ケーブルTVで放映していたときに1話から毎回録画して、
DVDで保存しました。
放映予告CMを見た時から「これは面白そう!」と思って^_^

東口さんのように子供の頃に時代劇に親しんだ方と違って、
私は大人になってから、自分が好きで観始めただけなので
色々観ている訳ではないんですが、ぶらり信兵衛はいいですよね。
放映当時は、3歳の甥っ子と
「つーるとふたりでぶーらぶら♪」とよく歌っていました。

録画しているものを、お分けできたらいいんですが
メカ的なことに弱くて、「よかったらコピーしますよ!」と
自信を持って言えません…
もしご希望があれば、調べてみますので、仰ってくださいね!

あっ ぼくもみてみたいな。。

あけましておめでとうございます。

これはもう、(公演後に)上映会ですかねw
とりあえず、DVDのコピーが可能かどうか調べてみますね :)
追ってここでまたお知らせしますね?

that is a greatly compelling dispatch, tender thanks you for your selling point of the knowledge. Pitiful my english isn't the finest. do you remember if it is practicable to make this towards language. that would be very helpfull.