2009年3月アーカイブ


酔っぱらい

user-pic
0

私は、酔っぱらいがきらいです。

て、言ったこの瞬間に、たくさんの人にきらわれたかもしんない。
ごめんなさい。

すべての酔っぱらいがきらいなわけじゃないのよ。
ただ、酔ったときと、酔ってないときが、違う人がきらいなの。
酔った勢いで、普段言わないことを言ったり、普段やらないことをやる人。
やりたいことなら、酒飲まずに、やれ。
馬鹿やりたかったら、しらふで、やれ。

あと、酒の席でなら大事なことが言える、という人。
大事なことは、お酒を飲んでなくても、言わなきゃいけないと思うよ。

でも、好きな酔っぱらいも居る。
その人たちは、酔っても酔わなくても、大胆なことを言う。
ファーストフードやファミレスでも、酒の席と変わらない本音を言う。

結局、酔っぱらいがきらいなんじゃなくて、
しらふでも大事なことが言えて、馬鹿なことが出来る人が、好きなのです。
自らの体内でアルコール並みの、いやそれ以上の薬物を生成できる人が、好きなんです。
人前でうんこしちゃっても、酔ってなかったらOKです。


下ちゃんのすばらしい記事のあとに、ひどい記事でごめんなさい。

コメントを書く

決して国に身を捧げるような愛国主義者ではないけれど、
時々、ぶぁーーっと自分の中の「日本」が飛び出すときがある。

それは「スポーツ」です。

自慢でもなんでもなく、自分はスポーツが苦手です。
特に球技が駄目です。さらに言うとバスケットボールより
ボールの小さな球技は駄目です。サッカー、野球、
バレーボール、テニス、卓球・・・、すべて駄目です。

それなのにスポーツ観戦、特に「日本」や「JAPAN」の
つく試合を見るのが燃えて燃えてしょうがない。

まどろっこしいので平たく言うと、

「侍JAPAN!WBC連覇おめでとう!」

これが言いたくて仕方なかった・・・。

この話題になると情けないことに「日本」があふれるように出てきてしまう。
普段は「日本」の扉がしまっているのに、ある時になっていきなり
ドアが壊れたようにパカパカになって、もうあふれんばかりに出て
きてしまう。

自分ができない分、何かに期待しちゃう。
自分が日の丸を背負う理由がない分、余計に期待する。
「夢見させてくれよ!」っていう願望に近いけど、夢を叶えて
あげられる存在ってすごいですね。ちょっと憧れます。

というわけで、強引にシンデレラの宣伝にもっていきますが、
稽古が楽しいです。

個人的には
「夢見させてやるよ!」 (←言葉にすると恥ずかしい)
という姿勢で頑張っています。相当前のめりですが観に来てください!ぜひ!

コメントを書く

3月8日から19日までタイに出張に出ていました。
今回は農村部にずっと滞在していました。いま、タイは乾季です。
青々とした風景というよりも、乾いた茶色い風景が広がっています。

今回、滞在していた農家は有機農業を営んでいます。
この農園にはいくつかの野菜の畝が並んでいるのですが、先日、
ここに別々の液肥(液体状の有機肥料で果実を発酵させた汁など)を
撒いたそうです。どの液肥が効果があるかを見るのだそう。

「それならば、同じ種類の野菜を植えて成長の善し悪しを
観ていけば、どの液肥が有効かわかるはず」

理科の実験よろしく、日本人(というか非農業者)はついついそう考えて
しまいがちです。

でも、農家さんが言っていたのは、

「何を植えてもいい。見るべきところは土の変化。土の色、土のにおい、
土の感触さえわかればそれでいい。野菜によって好きな肥料の種類も
違うから、観るべきところは植物の成長ではなくて土なのだ。」

この視点の差が、農に携わるものの素養というか、持つべき資質の
ような気がしました。


今日から芝居(columbaのシンデレラ)の稽古に復帰しました。

今回も役者をさせていただく機会をいただきました。

稽古で大事にしたいのは、表現として何が表れているのかではなく、
役者個人、役者同士の関係性をどれだけ豊なものにしていけるか。

がんばっていきます!

あおぐ 04/17
下田 04/20
コメントを書く

以前に書いたとおり、私は軽い作業をしているときに、
BGM的に、時代劇チャンネルをつけっ放しにしているのですが、
時々、面白いものが目に留まることがあります。

たとえば今日だと、
●武士に刀で眉間を斬られ、さらに胸を一突きにされた後で、
 相手に向かって尺八を吹き鳴らしてから、倒れて死ぬ老人

●通りがかりの家の生垣からむしり取った、あじさいの茎で
 悪者たちのうなじを次々に突き刺して、殺してしまう花屋

●全裸で「忍法、乳波動(ちちはどう)!」と唱えて、
 おっぱいからレーザーみたいなもの出して相手を攻撃する、くのいち

といったものを目撃しました。
なんか、独特の想像力。
何を食べても、味付けが濃すぎる中華料理屋みたいです。

コメントを書く

タイへ出張中の下ちゃんをはじめ、
ここしばらく、メンバーそれぞれに身辺慌しく、
全体的に更新が少なくなってしまいました。

私はここのところ、子どもたちの面倒を見てたんですが、
子どもってすげえな。って毎回思います。
すでにご自分がママやパパの人は、そりゃもうよく知っているだろうけど。
なんかでも、ひとの子だから、感心してる場合じゃないときも、
すごいなー、とかって言ってられるのかもしれない。

だって、お尻でピアノ弾いたりするんだよ。
何なんだよ、もう。
私もお尻でピアノ弾きたいよ。

コメントを書く

僕は小学校高学年まで指からレーザービームを出して、街のあらゆる電柱をぶった切ってたな。友達と登下校する時も、ひとりで街を歩くときも、夢と偏見と無能さゆえの万能さでこの世界をすごしていた。思い出されるのは夢のようないいとこどりの記憶がほとんど。


カフェ、の中に仲間とたむろしている。採光がよくとれたガラス窓が全面に広がる店内だが、曇り空、流れ落ちる水滴、通りはにわか雨。でも室内外に開放感があるので息苦しさはなし。名前をつけるならベタに「パラダイスカフェ」だろう。

COLUMBAの次回公演「シンデレラ」の話をしている。やれチラシの地図は誰がつくるのか、とか、やれウェブの写真の透明度の上げ下げ、だとかわちゃわちゃ5・6人で笑いながらやりあっている。

ひとり浮かない顔は劇作家、ホンが上がらない、とつぶやく。いやいや大丈夫だ、問題ない、と励ますのはジントニック片手にボーズ、ピーチフィズを飲み干したシンコ。フロムスチャダラパー。そこからモンダイナイコールが様々なビートに乗せて奏でられる。しまいにゃ、「もーんだーいないさぁー」とライオンキング風にミュージカル調の大団円でシメ。


なんか、楽しい。

コメントを書く

あ、久しぶりの更新だ。他のみんな元気ですか?


甥っ子(3歳)がやってきた。
彼と遊んでいると、自分の本性が暴かれる気がする。
自分の中の、子どもの頃から変わらない部分に再会する、という感じ。
甥っ子と遊ぶ以外では、
ペピンでお芝居を作るようになってから、そういう体験があった。
たぶんその頃から、稽古場とかで、時々うっかり再会するようになった。
子どものときから変わらない自分。


私、子どもの頃、変顔するのが大好きだった。
まだ下ネタは分からなかったけど、「鼻クソ」とかやたら言うの好きだった。
あと、お話を作るのが好きだったんだけど、ほとんどシュールなギャグもので、
加トちゃんが「加トちゃんペ!」ってやったら指に鼻クソがついて、
その鼻クソ(何度もすみません)が坂を転げ落ちながら雪だるま式に大きくなっていく、とか。

小学校に入ってからも、
教室のベランダから突然ヘンな言葉を叫んで身を隠し、校庭中を混乱させるとか。
林間学校で各部屋を巡って、尻文字ショーを見せて回るとか。
知らない街に行って、道々現れる想像の敵と、戦いながら帰ってくるとか。
あいかわらず、変顔は誰にも負けない自信があった。

でさ、そういうの、冷静に計算高くやってるなら頭よさそうだけど、
自分が一番爆笑してるんだよ。やりながら。周りも真似したり、どんどんアレンジしたりするの。
それで、みんなしてお腹がねじれるくらい笑って、ヒーヒー言ってるの。
なんか、子どもって、簡単に主体と客体が入れ替わるよね。
ルールがないんじゃないんだ。あるんだけど、どんどん変わるんだ。
変わった瞬間に、その場にいる子どもたちは、みんな分かってるんだよ。
なんだろう、今の私はあの「敏さ」を目にすると、背中がざわざわするんだ。

あの時代を、私は勝手に「妖怪たちと一緒に暮らしていた頃」と呼んでいる。
それは、はじめて子宮で感じる恋をするまで、続いた。


気がつくと、変顔になっています。28歳の冬。
そして甥っ子からは、完全に自分と同レベルだと思われて、対抗心燃やされまくりです。

でも尊敬する長新太さんは、「自分の最大のライバルは子どもだ」と言っている。
私はそういう長新太さんの、ルールをぶっ飛ばした作品たちが大好きだ。
だからいいや。
私はまた、妖怪たちと一緒に暮らし始めようか、と思っている。

コメントを書く