私の中の「日本」

user-pic
0

決して国に身を捧げるような愛国主義者ではないけれど、
時々、ぶぁーーっと自分の中の「日本」が飛び出すときがある。

それは「スポーツ」です。

自慢でもなんでもなく、自分はスポーツが苦手です。
特に球技が駄目です。さらに言うとバスケットボールより
ボールの小さな球技は駄目です。サッカー、野球、
バレーボール、テニス、卓球・・・、すべて駄目です。

それなのにスポーツ観戦、特に「日本」や「JAPAN」の
つく試合を見るのが燃えて燃えてしょうがない。

まどろっこしいので平たく言うと、

「侍JAPAN!WBC連覇おめでとう!」

これが言いたくて仕方なかった・・・。

この話題になると情けないことに「日本」があふれるように出てきてしまう。
普段は「日本」の扉がしまっているのに、ある時になっていきなり
ドアが壊れたようにパカパカになって、もうあふれんばかりに出て
きてしまう。

自分ができない分、何かに期待しちゃう。
自分が日の丸を背負う理由がない分、余計に期待する。
「夢見させてくれよ!」っていう願望に近いけど、夢を叶えて
あげられる存在ってすごいですね。ちょっと憧れます。

というわけで、強引にシンデレラの宣伝にもっていきますが、
稽古が楽しいです。

個人的には
「夢見させてやるよ!」 (←言葉にすると恥ずかしい)
という姿勢で頑張っています。相当前のめりですが観に来てください!ぜひ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.pepin.jp/mt/mt-tb.cgi/120