長新太さんの、『つきよのキャベツくん』を

user-pic
0

次回公演の話が、ようやく現実的になってきました。
今回は、columbaではなく、ペピン結構設計として3年ぶり位の公演です。

こういう企画は、過去にほとんどやったことがないんですが、
今回は絵本をモチーフにした、オリジナルのお芝居を書きます。
(columbaでやったシンデレラと、ちょっと同じ流れかも)

絵本は、長新太さんの『つきよのキャベツくん』。
私は、子供の頃からずっと長新太さんの本が大好きだったので、
けっこうドキドキものです。
多分、芝居のタイトルは違うものになると思いますが・・・

先日お話を伺ったトムズボックスの土井さんは、
久しぶりに見た本当に「すてきなおとな」でしたが、
土井さんの絵本屋さん(吉祥寺)も、とてもすてきなお店です。
長さんの作品をはじめ、選りすぐりの絵本を取り扱っているほか、
なかなか普通の出版社からは出そうにもない、
かっこいい絵本を編集・出版されています。

ちなみに、3歳の甥っ子に長さんの絵本を読み聞かせたところ、
今まで本など読んだことのない彼が、大フィーバーでした。
子どもにもウケるのは勿論ですが、大人になったからこそ
ガツーンと来るおもしろさも、長さん絵本は持っていると思います。
こういう長さん絵本の魅力についても、これから私たちなりにここで
書いていきたいと思っています。


最近よく集まるロイヤルホスト。
ミーティングの後、集合写真を撮ったら、

200908162303000.jpg

なんかバンドのインタビュー記事のカバー風。
左から、ベース、ドラム、ギター&ボーカル、キーボードです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.pepin.jp/mt/mt-tb.cgi/175