目に見える世界はちょっと過去

user-pic
1

目から入った情報が脳みそに届いて画を結ぶまでには
ちょっとだけ時間がかかる。だから、目に見えている
世界はちょっとだけ過去の世界だ(ろう)。

本当の「今」は、目に見えているよりもちょっとだけ早く
進んでいるんだな。これはサイエンスだと思う。

「だからどうした!」と言われると困るんですが、
認識と現在の間にちょっと別の世界が潜んでいるんじゃ
ないかなと。そう想像します。

でも身体はそういう世界に触れている。
本当のことは身体の方が知っているのかもしれないなぁ、と。
そう想像します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.pepin.jp/mt/mt-tb.cgi/188

コメント(2)

さよならだけが人生だって言っていたおじさんがいましたね。

ぼくは自分の欲望になんか嘘をかんじます。 絶対にたどりつかない欲望の嘘を、堂堂巡りとういうか。
だってぴたってこないもの。 欲望に身をまかせたってさ。
まかせたりないのかもしれませんが(笑)

認識とういう人間の行為もやっぱり堂堂巡りなのかしら??

なにかを逃し続ける。

user-pic

「逃し続ける」って言うのは、あぁそういう感じだなと
思いました。逃し続けている感覚があるうちは、いつか
どこかで必ず捕らえることができると僕は本当に信じて
います。