吉祥寺の絵本屋さん「トムズボックス」

user-pic
0

吉祥寺の絵本屋さん「トムズボックス」のメールマガジンと
ホームページで、今回の公演をとりあげていただきました。
http://www.tomsbox.co.jp/

今回の公演は、長新太さんの絵本を原作にしていて、
その関係で、トムズボックスの土井さんには、
いろいろとご相談にのっていただいたのです。
そして、メールマガジンとホームページでも取り上げて下さった次第。

土井さん、嘘がなくていいなあ。
応援するっていうのは、きっとこういうことなんだろう。
ほんとうに、ありがたいです。

長新太さんを心から愛している土井さんにとって、
僕たちが長新太さんの絵本をお芝居にするということは、相当に不安だと思う。
だって、土井さんから見たら、僕らは得体の知れない人たちだから。
ほんと、何するか分からないじゃないですか。笑
でも、そんな状況のなかで、胸を貸してくれてる。応援してくれている。

応援するって、同じ立場で物事を考えるってことじゃないんだ。
人はみな違うのだから、同じ気持ちになんかなれない。
その違い、その距離を、ちゃんと分かるって、大切なこと。

僕たちは、作品をつくることで返すしかない。
土井さんの心に触れる作品を作りたい。
好かれるかどうかは分からない。好かれるためにつくるわけじゃない。
僕たちは、自分を信じて作るしかない。
でも伝わるかもしれない。あと2週間。気が引き締まる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.pepin.jp/mt/mt-tb.cgi/198