ポケットの中にはビスケットが

user-pic
0

以前にも同じようなことを書いたんだけど、
同じネックレスをまた失くして、そしてまた発見した。
正確に言うと、前回(紛失1回目)ブログに書いたときから今回までの間に
さらに一度失くしている。実に3回目です。

2回目は、自然に糸が切れてペンダントトップだけ紛失したのだけど
(↑前回記事の写真にある、金の円の部分)
排水した後のバスタブの中で、奇跡的に流れずにいたのを発見したのです。
それ以降、切れにくい金のチェーンに替えて、身につけていたのですが。

もう今度は、「みつからなくてもいいや」と思ったのです。
とても気に入っているし、自分にとって特別な意味を持っているネックレスでした。
贈り物とかではなく、自分で選んで自分のために手に入れたものだし、
ある意味、自分の心の中心を、象徴的に首からかけているような。
だけど今回は、失くしたというより、ネックレスが自分でいなくなったのかな、と思って。
人でも、ありますよね。自然と縁が切れるというか。別のところへ流れていく。
潮時というか、何か別のものをみつけたり、手に入れたりするタイミングなのかな、と思って。

前回(2回目)、糸が切れて紛失したときも、
偶然にしては出来すぎたようなタイミングで、他にも色々と失くした日だったのです。
そのくせ、ブラックホールのような喪失感の中から、
こいつだけが生還したのは、何かしら意味深い気がしたのでした。
迷信とか、ジンクスとか、あまり信じないんだけど
生活の中で起きるシンクロニシティはわりと信じる方です。
で、さっぱり生まれ変わるというより、自分にとってこれはまだ学ぶことがあるんだなと、
腰を据えてしっかりこの課題に向き合っていこうと思って、チェーンに替えたのでした。

で今回失くしたので、これはそろそろ卒業かな? なんて思っていました。
ところがまた還ってきた(まだ手元には届いていないのですが、発見してくれた人がいた)ので、
そう簡単には、終われないようです。
だけど今回紛失して、「失くしてもいいや」と思えたのは2回目からの大きな変化で、
あまり執着していないとか、流れを受け容れるとか、そういう状態になっているのかもしれない。

ペピン初期の『蜜の味』というお芝居で
「失くしものなんて、これからまだまだいっぱい失くすのに。」という台詞があったり
ペピンのお芝居は、いつも誰かがいなくなるお話だよね、と言われたりするのですが
自分にとって「失くしもの」というテーマ、さらにいえば、
「生活という営みを続ける中で、失くしものとどう折り合っていくか」という問題は
結構デカイです。結局ずっとそれを考えているかもしれない。
それは、死んじゃった犬とか、もう全然好きじゃない初恋の人とか、
外国の寝台列車に忘れてきたパジャマとかも、全部。

喪失感というのがいつも先にあって、
その上で夢を見たり恋をしたりご飯を食べたりしている。という気がする。
もう思春期から、もしかしたら子供の頃から、ずっと。
それが幸せかどうかを考えることが出来ないくらい、当たり前になってしまっている。
だから何かを失くしたときはいつも、「ああ、また」と思う。
またこの感じだ、とか、この感覚知ってるよ、って思うんだけど、
それは喜びとか満足とかよりずっと馴染み深くて、自分の中心に戻ってきたよって感じがするんだ。
そのくせ毎度、けっこう悲しいんだけど。
あ、このペンダントの金の輪っかも、真ん中が空洞ですね。
皆さんはどうですか?
失くしものには慣れてますか?

「ポケットの中にはビスケットがひとつ、ポケットをたたくとビスケットが2つ」
という歌があるけど、なんかビスケットって幸せみたいなもののこと、という気がしていて、
だけど実はポケットに穴があいてて、ビスケットのかけらがぼろぼろこぼれ落ちている気がするんだ。
ビスケットをたたいて増やして、そのたびに穴からこぼれて落ちていくものがある。
こぼれていくビスケットのかけらは、しょうがないじゃん、とはまだ言えなくて。
まだ、というか、いずれ言えるようになるとも思えなくて。

「何も失くしてない」という境地に至る、みたいなことが答えなのかな。
失くしたと思ったら還ってくる、このペンダントは
「失くすけど、大丈夫」って伝えてきてるような気もする。
失くした、というのがオチじゃない。
喪失感は喪失感のままで、だけどいずれ、ちゃんと還ってくるから。そんなことを。

この感じが、消えてなくなることもいつかあるのかな。全然、想像つかないや。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.pepin.jp/mt/mt-tb.cgi/212

コメント(6)

この頃ぼくは服と一緒に携帯を一緒にね、洗ってしまいまして服もきれいに、携帯もきれいになってしまいました。 でもなんだかすっきりしましたよ。
まぁ正直言うと・・2.3件は少々の未練はありましたけど。。笑

喪失感というのがいつも先にあって、
その上で夢を見たり恋をしたりご飯を食べたりしている。という気がする。
これ読んで・・・おお笑いしましたよ。 まったくそのとおりだと。。

手で水をすくうような・・・そんなかんじなのですよ。。何をやってもね。
いつも逃れていく・・・のです。 欲望なんて嘘っぱちさ。。

でも欲望に捕獲される前の もっとなんだか わぁー みたいなものは あるのだろうけど。 いや・・欲望もたっぷりあるか。。笑

うまらない あな をどうするか。 沈黙か・・・あとは走り回るか。

そんなの忘れて 合コンでもしたいね。。  はははっ。。

合コンしましょうか。笑
一度も経験がないせいか、出会いたいというピュアな欲望が、逆にまぶしく見える。
一種の憧れです。

絶対に手に入れる と決めて
本当に手に入れる ということに挑戦しようと思っています。

本当に欲しいものを手に入れられない喪失感は、まだいいのです。
本当に欲しいものを、手に入れる前に欲しくなくなってしまうことほど
寂しいことはないなと思います。
大事だったものが大事じゃなくなることが、なんだかとても寂しい。


「欲望なんて嘘っぱちさ」


そのくせ失くしものって、面白くて
「まあ、失くしたらそれでもいいや」って思ったときに限って
戻ってくることが多い気がします。
ケータイ失くして「これも諸々清算するいい機会だ」って思ったときは
大抵ちゃんと戻ってくるようです。
洗濯しちゃったら、ちょっと…分からないけど。笑
ひょっとしたら、未練のある2,3件のために洗濯されちゃったのかもしれませんね。

てことは、手に入れたいものは、欲しくない方がいいのかなって。
ほら、的を射るには的を狙うな みたいな話になってしまう。
それがまだ、何となく受け容れ難いのです。

ちゃんと、的を狙って命中させたい。
欲しくなくなる前に。


やっぱり合コンですかね…

心の中のあなっぽこを感じるときは 妙に 静まりかえった感じがぼくはします。   すこし逆説的なんですがね。。

あっ、合コンしましょうね。笑

こんにちは、はじめてお邪魔いたします。昨日は基地と、もつ鍋屋さんで素敵なお話を一杯聞かせてくださって本当にありがとうございました!!!
夏希さんや万丈さんの温かい人柄と、考えられている思いに触れることができて、又いい刺激を受けました。

夏希さんのこの日のブログのタイトルもそうですが、この春から日常の中で「ビスケット」というワードにたびたび出会います。
出会うときは毎回自分にとってわくわくする物を見つけようとした時に出会うんです。

たとえば、トイカメラが欲しいなあ〜って思ってネットで検索してたら「ビスケットカメラ」という可愛いトイデジカメラを見つけたり、
7月に福岡アジア美術館で行われる絵本展のプレイベントで、実際にパソコンを使って動く絵本を作ってみよう!という催しを新聞で発見した時も、そのパソコンソフトに「ビスケット」というソフトを使用します。ってあったし。。。
夏希さんのブログを見てみようと思ってURLで検索して開いてみたら、「ポケットの中にはビスケットが」って(笑)ちなみに、昨日頂いた鳩サブレもビスケットの類ですよね?ありがとうございます、美味でした!

なんだか、ビスケットってもう、名前の響きや存在自体が可愛いしピクニックに持って行きたい必須アイテムみたいな、幸せスイーツのひとつですよね。でも、子供の頃からこの、「ポケットの中には、ビスケットがひ・と・つ♪」の歌を歌うたびに、いいなあ〜数が増えて、でもポッケの中はくずくずぐちゃぐちゃで、手を入れたらすごくザラザラになるんだろうなあって、夢のないことばかり頭に浮かんでは、ポッケの中ではビスケットを叩いちゃだめだ、と子供ながらに感じてました。

そして、夏希さんがネックレスをよく無くされるなら、私はよくピアスを無くします。
無くすものは違うけれど、無くすタイミングについて、まるで無くなったピアスが何かを伝えてくれてるようなメッセージすら感じるときもあるので、夏希さんのいう「生活の中でのシンクロ二シティ」は私もすごく信じてます。

長くなってすみません、今後もちょこちょこ拝見させて頂きまーす!

夏希さま

 こんにちは。とってもおひさしぶりです。突然おじゃまして・・・しかも,普段あまり書き込みとかしないので,名前もどうしたらと思い適当につけての書き込み,お許しを。

おととい,家の本棚を見ていたら中学の時に夏希からいただいた「ドードーを知っていますか」という色鮮やかなデザインの本に再会しました。何年か前の中高同窓会でお会いできなかったけれど,里見君からぺピンの活動の話を聞いたことをふと思い出して,HPを検索したらこちらのページにいきつきました。
 ペンダントと喪失感の話,なんだかとっても響いたよ。
ずいぶん昔の頃は「失うものなんてないからこわくない」と思っていたけれど,最近「失うものがないなんてそれまでの人生何してた?」という言葉に出会って妙に納得。喪失感を感じられるってことはとても大切なことなんだと。
 長くなってしまったけれど,活動がんばってね☆
ブログも考えてることが凝縮されていて素敵です。今度公演を見に行きたいです。

(真ん中があいたペンダントといえば・・・これまた夏希から中学の時にいただいたもの,今も重ねづけして大切に使わせていただいています)

さちこさん!!うわー。ありがとうございます。

お仕事でお邪魔した先で、こんな素敵な出会いがあるとは想像していなかったので、すごく嬉しかったです。
もっと沢山お話したかったです。

ブログ「花時計」も辿り着けましたー ^_^
写真が印象的で、ぐっときます。
佐賀の話とか、煙草屋さんの話もそうだったけれど、
さちこさんからは、懐かしい記憶にある、手触りや匂いみたいなものを感じます。そういうものの愛しさ、を思い出すような気がします。

「ビスケット」という言葉がさちこさんをどこへ連れて行くのか?
これもシンクロニシティですね。なんとも不思議。
何に導かれていくかは分からないけれど、そういうことが続けて起きるときは
余計なもんがないというか、心が澄んでいるというか、
色んなメッセージを受け取れるクリアな状態になっているんでしょうね。
私の場合、煩悩で目が曇ってるときは全然駄目です・笑
で、ここのところちょっと曇りがちだったんです。

だから、さちこさんの書いていた
「わくわくするものをみつけようとしたとき」っていうのが
響きました。


「一服の清涼剤」という言葉がありますが
煩悩の雲間にのぞく太陽のような、真夏の暑い日に飲むソーダのような
私にとっては、そんな出会いでした。ありがとうございました。
ブログちょくちょく遊びに行きますね。