任意の点P

user-pic
0

ペピン結構設計と三角フラスコはかれこれ7年のお付き合いになる。
双方の公演を観に行き来する仲で、おそらく刺激をし合い、もしかしたら彼らよりも
私たちのほうがあーだらこーだらと、お互いを一喜一憂させる間柄だったのだと思う。

頭のどこかで、いつか一緒に何かやる時があるのだろうと考えてはいたものの、
かれこれ7年。きっとたまに浮かんでは消えながら、彼らのことを想っていたんだろう。
そのくらいのペピンと三角フラスコの距離だった。

あの3月があった。仙台と横浜の距離は電波も脆いようで、直後から制作の森くんと
連絡をとろうとしても話中で途絶えてしまうこともしばしばだった。
横浜で感じる余震の度、仙台のことを考えずにはいられなかった。
だから、4月に行った。

新幹線はまだ復旧せず高速バスで6時間。仙台駅近くのマルエツで落ち合った僕らは、
被害の大きかった臨海部に行くことなくカフェモーツァルトに入り日が暮れるまで
お互いの話をした。家族と離れること、友人と離れること、子どもたちの挙動の変化、
あたり前がなくなった生活を聞けばきくほど距離を感じた。
共感はあれど、環境に培われる状況が全く違いすぎた。
本屋さんに週刊誌が届き始めて嬉しいという話に光を感じた。

ペピンは止まっていた。これまでの発想で作品を制作できるかどうか、そんなもやもや
した感触のまま手探りで歩みを重ねていた夏、三角フラスコさんから声をかけてもらい
今回の合同公演に至った。

メンバーの一人は気仙沼を中心に復興支援に携わっていた。僕らはその時それぞれが
何を考えているかで作品の内容が大きく変わる。そんな最中に彼がいなかったことは
大きな穴となっていたし、もやもやが埋まることはなかった。

10月、メンバーが気仙沼から帰ってきて品川のデニーズ。本人が口にするまでもなく、
現地で揉みに揉まれた当人にかけられる言葉がみつからなかった。考えた挙句にでた
言葉が「どうよ?」だった。それでも、そこから始められるもので少しずつ当時の
生活をもの語ってくれた。現地での一日を終えてから車で一時間走りアパートのある
一関に戻る。近くのコンビニで週刊誌を読むのが楽しみだったことに体温を感じた。

あの三月と芸術表現は、むづかしい関係のようだ。今でも困難な状況にある方は少なくない。
そんな中、もやもやが続いた僕らの演劇に「何ができるか」なんてことは言えなかった。
僕らは生活や日常から浮かび上がるものを掬いとって作る。非日常を醸すものではなく、
日常を忘れさせるものでなく、距離を計るものでありたいと思う。

3月を経て三角フラスコが作った「はなして」には、風景や時間が詰め込まれている。
これを受け取った僕らはこれまでより圧倒的なリアリティをもって、制作に望むことが
できた。「アマゾン」はペピンと三角フラスコ、横浜と仙台、「あなたと私」との応答、
距離そのものだ。

穏やかな街のど真ん中、マンションの地下でささやかに行われる「ハウ・アー・ユー?」は、
行きと帰りの景色が少しだけ変わって見える「ものさし」のような時間です。
あなたとの距離を計ってもらえたらうれしいです。

kissahorn.JPG
仙台市青葉区・喫茶ホルンの南インドカレー。超うまい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.pepin.jp/mt/mt-tb.cgi/230