里見 有祐 による最近のブログ記事


任意の点P

user-pic
0

ペピン結構設計と三角フラスコはかれこれ7年のお付き合いになる。
双方の公演を観に行き来する仲で、おそらく刺激をし合い、もしかしたら彼らよりも
私たちのほうがあーだらこーだらと、お互いを一喜一憂させる間柄だったのだと思う。

頭のどこかで、いつか一緒に何かやる時があるのだろうと考えてはいたものの、
かれこれ7年。きっとたまに浮かんでは消えながら、彼らのことを想っていたんだろう。
そのくらいのペピンと三角フラスコの距離だった。

あの3月があった。仙台と横浜の距離は電波も脆いようで、直後から制作の森くんと
連絡をとろうとしても話中で途絶えてしまうこともしばしばだった。
横浜で感じる余震の度、仙台のことを考えずにはいられなかった。
だから、4月に行った。

新幹線はまだ復旧せず高速バスで6時間。仙台駅近くのマルエツで落ち合った僕らは、
被害の大きかった臨海部に行くことなくカフェモーツァルトに入り日が暮れるまで
お互いの話をした。家族と離れること、友人と離れること、子どもたちの挙動の変化、
あたり前がなくなった生活を聞けばきくほど距離を感じた。
共感はあれど、環境に培われる状況が全く違いすぎた。
本屋さんに週刊誌が届き始めて嬉しいという話に光を感じた。

ペピンは止まっていた。これまでの発想で作品を制作できるかどうか、そんなもやもや
した感触のまま手探りで歩みを重ねていた夏、三角フラスコさんから声をかけてもらい
今回の合同公演に至った。

メンバーの一人は気仙沼を中心に復興支援に携わっていた。僕らはその時それぞれが
何を考えているかで作品の内容が大きく変わる。そんな最中に彼がいなかったことは
大きな穴となっていたし、もやもやが埋まることはなかった。

10月、メンバーが気仙沼から帰ってきて品川のデニーズ。本人が口にするまでもなく、
現地で揉みに揉まれた当人にかけられる言葉がみつからなかった。考えた挙句にでた
言葉が「どうよ?」だった。それでも、そこから始められるもので少しずつ当時の
生活をもの語ってくれた。現地での一日を終えてから車で一時間走りアパートのある
一関に戻る。近くのコンビニで週刊誌を読むのが楽しみだったことに体温を感じた。

あの三月と芸術表現は、むづかしい関係のようだ。今でも困難な状況にある方は少なくない。
そんな中、もやもやが続いた僕らの演劇に「何ができるか」なんてことは言えなかった。
僕らは生活や日常から浮かび上がるものを掬いとって作る。非日常を醸すものではなく、
日常を忘れさせるものでなく、距離を計るものでありたいと思う。

3月を経て三角フラスコが作った「はなして」には、風景や時間が詰め込まれている。
これを受け取った僕らはこれまでより圧倒的なリアリティをもって、制作に望むことが
できた。「アマゾン」はペピンと三角フラスコ、横浜と仙台、「あなたと私」との応答、
距離そのものだ。

穏やかな街のど真ん中、マンションの地下でささやかに行われる「ハウ・アー・ユー?」は、
行きと帰りの景色が少しだけ変わって見える「ものさし」のような時間です。
あなたとの距離を計ってもらえたらうれしいです。

kissahorn.JPG
仙台市青葉区・喫茶ホルンの南インドカレー。超うまい。

コメントを書く

「ハウ・アー・ユー?」公演情報を更新しました。

・各回終演後、生田恵(三角フラスコ)×石神夏希(ペピン結構設計)
 によるポストパフォーマンストークを開催します。
・12月12日(月)19時30分開催回のみ/ゲスト:鳴海康平さん(第七劇場)をお迎えします。

Facebookページ http://fb.me/frasco.pepin
(ご訪問の際はぜひ「いいね!」ボタンを!)

howareyou.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 SUBTERRANEAN Dialogue
 三角フラスコ×ペピン結構設計「ハウ・アー・ユー?」
 仙台と横浜、それぞれの物語。2作連続上演
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本公演は、かねてからお付き合いのあった
仙台・三角フラスコさんとの合同公演となりました。

震災以降も精力的に作品をつくり、活動を続けている三角フラスコさん。
その作品の一つである短編一人芝居「はなして」は、仙台・大阪と上演され
本公演で東京での初上演を迎える作品です。

三角フラスコ・ウェブサイト「すずかけ」
http://www.frascoweb.jp/

三角フラスコ・生田恵さんインタビュー
http://subterranean.air-nifty.com/blog/2011/11/post-a128.html

ペピンもこの機会に合わせて、
新作短編の制作に取り組んでいます。

3月以降も、ミーティングを少しずつ重ね、歩みを進めて紡ぎあげた
本作「アマゾン」にぜひお立会いください。

===========================
 ペピン結構設計「アマゾン」×三角フラスコ「はなして」
 12/10-13@サブテレニアン
===========================
三角フラスコ「はなして」
作・演出:生田恵 出演:瀧原弘子

ペピン結構設計「アマゾン」
作・演出:石神夏希 出演:下田寛典 中澤大輔 吉田能 角北龍 武井翔子

2011年12月10日(土)〜13日(火)

開演時間
10日(土)15:00/19:30
11日(日)15:00
12日(月)15:00◆/19:30◯
13日(火)15:00◆
※各回:終演後トーク開催 生田恵・石神夏希ほか
◯12日夜の回:終演後トークゲスト 鳴海康平(第七劇場)

※受付開始(入場整理券発行)・当日券販売=各40分前
※開場=各20分前
※上演時間(予定)=約75分/途中休憩あり

会場:サブテレニアン
東京都板橋区氷川町46-4 B1F 080-4205-1050
http://subterranean.jp/

東武東上線「大山駅」北口から徒歩7分(大山駅は池袋駅より3つ目です。)
都営三田線「板橋区役所前駅」から徒歩3分

料金:日時指定/全席自由
前売 2,300円 当日 2,800円
◆平日マチネ:前売1,800円 当日2,300円

● ペア割:4,000円(各回申込先着10枚)
●U-25割:1,000円(公演当日25歳以下の方対象・各回申込先着10枚)
※未就学児入場不可
※割引適用には予約が必要です。ご予約のない場合は当日料金になります。

チケット予約/各公演日の前日24時まで受付

携帯からの予約はこちらをクリック!





CoRich舞台芸術!

書き始めたのは、5/7。いろいろあって中断していた、一人芝居の稽古再開初日。一人芝居だっていうのに、森さんがなぜか闖入。タキハラさんと二人で謎の ダンスを踊る。それを見て、「はなして」というタイトルが浮かんだ。「書く」 ことがなかなかできなかった私は言葉のカケラをかき集めた。風景と、記憶の断 片。そんなものでできている。再演にあたって久しぶりにタキハラさんの声で聞くと、一挙にあの場所まで連れ戻された。癒えない傷を隠す必要はどこにもないんだ。
生田恵(三角フラスコ)

2月初旬にペピンの公演があったとき、三角フラスコの皆さんが横浜まで来てくれました。私たちはその2ヶ月後、高速バスで仙台へ行きました。森さんが「コンビニでパンが買えるようになった」と話していたのを覚えています。仙台―東京をパンが行き来することにも人間が行き来することにも、等しく感動がありま した。その距離を超え今回もやって来た三角フラスコさんを思います。そして 日々行き来するパンのこと、そのリズムのことを。
石神夏希(ペピン結構設計)

三角フラスコ
1995年結成。宮城県仙台市を創作拠点として活動。これまで36 本の作品を上演。代表の生田恵がほぼ全ての作品で作・演出を担当。作品に応じて劇場以外にも野外やアートギャラリー、喫茶店、美術館を会場に公演を行う。札幌、東北各地・東京・大阪など、他地域での公演多数。

ペピン結構設計
1999年結成。BankARTやSTスポットなど横浜で演劇活動を行い、これまで18本の 作品を上演。メンバー全員で企画立案を行い、石神夏希が作・演出を担当。日々 の生活から生まれる問題意識を持ち寄り、作品に反映させることをポリシーとし ている。

主催:三角フラスコ・ペピン結構設計 共催:サブテレニアン

コメントを書く

3年半ぶりになるペピン結構設計の公演『トンカツであーる』も、
初日開幕まで残すところ一週間ほどとなりました。

キャストスタッフ一同、追い込みという段階でしょうか。
そうあっても、ペピンらしいペースで楽しみながら
皆さんにお届けできればと思います。

先日、そんな稽古場の様子を取材していただくため、
新聞記者さんご来訪頂きました。「絵本の演劇化」といっても
一口に内容が伝わるかどうかいささか不安でしたがそこはプロフェッショナル。
稽古場見学をふまえ密度の濃い取材の上で、こんな記事にしていただきました。

「キャベツとブタ 奇妙な友情」
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000151001270003

朝日新聞朝刊・横浜版・第二神奈川欄1/27

そして、全4回というあっという間の公演ですが、初回・2回目の公演終了後には
ポストパフォーマンストークとして、すてきなゲストをお招きします。
まさに、みにきてチョーダイ。

2月4日(木) 19:30開演回
kumakura.jpg
熊倉敬聡/慶應義塾大学教授
マラルメの〈経済学〉研究後、現代芸術の研究・実践。
3年前より新たな学び/社交力の場「三田の家」を運営。
現在、瞑想の現代的可能性を探究中。
著書に『美学特殊C』、『脱芸術/脱資本主義』など。

2月5日(金) 19:30開演回
nakano.jpg
中野成樹/演出家・中野成樹+フランケンズ主宰
1973年東京生まれ。堅苦しいイメージのあった既存の海外戯曲を、
『誤意訳』という手法を用い、原作のストーリーを守りつつも自由に脚色し、
現代にわかりやすく上演する。近年では電車の車両内でのパフフォーマンスや
動物園との共同制作など、演劇の新たな可能性を切り開く。
2009年4月より有明教育芸術短期大学の専任講師。
中野成樹+フランケンズ http://www.frankens.net/

なお、チラシ上にて予定していた2月6日(土)の回につきましては諸般の事情につき、
2月4日(木)に変更となりました。訂正してお詫び申し上げます。

コメントを書く

090621_1954~01-1.jpg

待望の全員そろい踏みか、と思いきや下田さん痛恨のダウンにつき
見慣れた顔をつき合わせながらも、実務そっちのけでフリートークに花を咲かせました。
相変わらず時間はあっという間にすぎるわけで、終電も近くなってようやく実務の話も。

見ようによっちゃあ、だらだらくっちゃべるだけとも言えますが
一方、そんな時間で養われる素敵なサムシングが作品づくりへの糧、
そして推進力になるだなんて仮説はいかがでしょう。

会話で積み上げられる世界では、ものを言わずとも伝わる空気が生まれたりしますよね。
言葉で語らずとも伝わる状況、言葉で始まり言葉から離れる状況。それって演劇っぽい。

実際、学生時代の頃はメンバー十数人でデニーズやアローム(共に湘南台の喫茶)に大挙して
夕方から終電、ないしはそれ以降までくっちゃべってばかり。稽古なんてほとんどしない。。

まー、それもまた時間が過ぎると共にカタチは変わるかもしれないけれど
この時代での僕らなりのセンスオブワンダーで。

そうそう、先々週はひさしぶりに6年前に上演した「マルチメディア」の映像が出て来たので
有志でみたり。その時になにを思って考えて、な感覚はもう同じじゃないけどちょっぴり興奮。

石神 夏希 07/29
コメントを書く

筆ペンで雲の輪郭を淡く強く書いたような曇天模様、海近くに隣接する国道沿いのドライブスルー。一階建てガラスばりの中堅ファーストフードで、仲間達・顔見知り、であろう人たち総勢20名ぐらいで何か甘いものを食べながら誰かを待っていた。

携帯メールが一通。チョコシチューを持っていくからちょこっとと待っててよ、という意なんだけれども文面は全て感じで構成されている。このあたりから目に映る情報と内容に若干の距離が生まれていた。別シーン、チョコシチューなるもののアップから引きの画、携帯メールの差出人は久しく会わずに最近再開した同級生の仕事場から。部下らしき白衣姿から、よく出来ましたね、なんてたわいもない労いのやりとりが交わされている。ディティールをまじまじと眺めればチョコシチュー、板チョコやカールチョコ、チョコスプレーでできた細工菓子・お菓子の家だった。

書き割りのような場面転換で、地下鉄の連絡通路、先ほどのドライブスルーから帰路を辿っている。ふと、見覚えのある誰かとすれ違い、そのまま改札に入場せず素通り。長い地下道をそのまま直進するが、向かって右に位置していた同じ改札が一周しながらも同じ位置ではなく逆側、向かって左に見えた。あれ、ぐるっと一周したんじゃなかったっけ、俺ぐるぐる。

そのまま、やっとこさくぐった改札には赤い輪っかのマーク。丸の内線か。通過した瞬間に、自分の家。一人暮らしをしている設定、何階建てかの最上階。ドアを開けると玄関/風除室から正面と右手の二面にドアがひとつづつあり、右側のドアを開けた。

長い廊下の奥の奥まで、右手は全面窓となり、採光は十分、最上階らしく広々としたベランダと一体となっていて曇天でも気持ちがいい。廊下の奥には、畳一畳を縦半分に割った程度の狭い2枚折りドアがある。あ、そうかこれは浴室なんだな、というのがフレームに囲われた半透過する樹脂パネルから伺えた。開けるとユニットバスながらもしっかりとした浴槽と洗い場。しかも全自動でお湯は勝手にはってあった。

じゃあ、着替えをとって早速入ろうかと思った途端、振り返って左の景色。先ほどの入り口から廊下を向かって右一面広がっていたベランダ部分が水族館の水槽のようなっていることに気づく。深くて濃い水色。深さ1m超、窓半分位までの水位をもってプール。けれども全然驚きはしない。遠くに、つまりは風呂場から先ほどの出発点/玄関口より物音が聞こえてきた。

ガサゴソとかいうのではなく、ジャバジャバとカシャカシャ。廊下を進みながら玄関に向かうと、男女一組が水に浮かび絶妙なバランスをとってグラビア撮影をしている。人ん家で一体何やってんだよ。と思うも口には出せず、若干の羨望。そこは思うだけでのコミュニケーション。ごめんなさい、なんてテレパスが相手から帰って来たところで、僕もふらふらとバランスを崩してきた。ふらり着衣のまま、廊下から窓をするっとすり抜けたらベランダプールにドボンだ。

あっ!携帯がポケットの中にはいったままだよ。なんて思ってとびあがり即脱出、あわてて浴室へもどりつつ携帯を確認すると水に濡れたもののメール着信ランプが点灯。なんだよかったー、なんて思ったところで目の前には知人が浴室のドアのサッシに腰をかけている。足を組みながら「終電を逃がしたので、今日はどうしても泊めてほしい」と言うが、いやそんな急に言われても困ったもんだな、と携帯をいじりながら新着メールに何が書かれていたのかは謎のままで覚醒した6時58分。

カーテンの隙間から零れる日射しが暑い。今日の天気は快晴。
ちなみに、地下鉄ですれ違ったのはきっと草彅くんだったと思う。
前日の夜はテレビでぷっすまが流れていた。流れるマスメディア。

コメントを書く

初日当日のヨコハマは霧雨、びゅうびゅうと吹く海風にのっかって
連日の陽気からうってかわって、これから何やらドラマが起きるんじゃないか、
なんて、ざわざわとした雲行きの怪しさが漂っていました。

「シンデレラ」チケット情報

4月18日1時時点での残席状況です。

4/18(土)15:00開演回 △ 前売券・若干余裕あり
4/18(土)19:30開演回 ○ お席に余裕があります
4/19(日)15:00開演回 × まもなく前売完売です

前売券販売は、各公演の開演時間10時間前まで受け付けております。
以降は、当日券をお求め下さい。各回10枚程度ご用意しております。
なお、受付は開演40分前、開場は開演20分前となります。

舞台の模様をいくつか写真にてご紹介

_MG_1705.JPG _MG_1567.JPG _MG_1600.JPG


COLUMBA「シンデレラ」
http://columba.pepin.jp/

「コロンバがBankARTで「シンデレラ」物語の起源を探る現代劇」
http://www.hamakei.com/headline/3919/
ヨコハマ経済新聞 4/17

「シンデレラ読み直し公演/横浜の演劇ユニット」
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivapr0904320/
神奈川新聞・カナロコ 4/13

なお、一部ウェブニュースにて18日、19日のお昼の回について
15時30分開演と表記されていますが、正しくは15時となります。
ご確認のほど、いま一度お願い申し上げます。 ご来場、心よりお待ちしております。
コメントを書く

小屋入りから3日が過ぎようとしています。たくさんの幸運とアクシデントに囲まれて、徐々にシンデレラ自体の骨格が明らかになってきました。

昨日の横浜の天気は大変な豪雨だったんですが、うってかわって快晴な本日。会場の外にふりそそぐ目映いばかりの陽射しと、会場/元倉庫だからこその重厚でぐっと深い暗闇とのコントラストは、とても劇的。足も時間も止まるロケーションから、シンデレラは始まります。

全4回というあっという間の公演ですが、初回・2回目の公演ではポストパフォーマンストークとして、すてきなゲストをお招きします。

4月17日(金) 19:30開演回
kawakami.jpg
川上洋平さん/ブックピックオーケストラ代表
2003年「ブックピックオーケストラ」結成以来、全ての企画運営に携わり、ウェブからデザイン、ライティング、仕入れまでを担当。2006年末から代表。ブックピックオーケストラは、本のある生活をふやすために、新たな本のあり方を模索し、人と本が出会う素敵な偶然を演出するユニット。2008年10月「ラ・マレア 横浜」にて書店出張、オリジナル商品「文庫本葉書」の販売、栃木県益子STARNETでの古書販売など、活動を展開中
ブックピックオーケストラ http://www.bookpickorchestra.com/


4月18日(土) 15:00開演回
nakano.jpg
中野成樹さん/演出家・中野成樹+フランケンズ主宰
1973年東京生まれ。演出家。
欧米演劇マスターピースの日本における上演、
いわるゆる翻訳劇につよくこだわり活動をつづける。
「まったくの海外古典でありつつ、
 まったく日本の現代演劇でもある」ことを目指し、
言葉づかい・所作と身体・物語と空間・音楽の効用などを、
多角的に検証しトータルに演劇を組み上げることを企む。
翻訳劇誤意訳チーム・中野成樹+フランケンズ主宰。
大学生翻訳劇チーム・中野成樹+オオカミ男も主宰。
翻訳劇CG化チーム・中野成樹+ドラキュラ伯爵を準備中。
2009年4月より有明教育芸術短期大学専任講師。
中野成樹+フランケンズ http://frankens.net/

川上さんには、事前に稽古場に訪問してもらいプレトークを、
中野さんには、前回作品「ねもと」にも観劇/トークゲストとしてご参加頂きました。

ご来場のみなさまにはシンデレラ割/チャリ割なんて窓口も設けております。
この週末、お時間の都合とれましたら、ぜひ横浜・馬車道においでください。
・・・・・・・・
シンデレラ割/女性3名様でおこしのお客様に限り、1名様分を無料でご案内いたします。
チャリ割/自転車でご来場頂き、舞台上・所定の位置に駐輪されたお客様につき1500円にてご入場頂けます。
・・・・・・・・

COLUMBA「シンデレラ」
http://columba.pepin.jp/

「シンデレラ読み直し公演/横浜の演劇ユニット」
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivapr0904320/

神奈川新聞・カナロコ 4/13

コメントを書く

僕は小学校高学年まで指からレーザービームを出して、街のあらゆる電柱をぶった切ってたな。友達と登下校する時も、ひとりで街を歩くときも、夢と偏見と無能さゆえの万能さでこの世界をすごしていた。思い出されるのは夢のようないいとこどりの記憶がほとんど。


カフェ、の中に仲間とたむろしている。採光がよくとれたガラス窓が全面に広がる店内だが、曇り空、流れ落ちる水滴、通りはにわか雨。でも室内外に開放感があるので息苦しさはなし。名前をつけるならベタに「パラダイスカフェ」だろう。

COLUMBAの次回公演「シンデレラ」の話をしている。やれチラシの地図は誰がつくるのか、とか、やれウェブの写真の透明度の上げ下げ、だとかわちゃわちゃ5・6人で笑いながらやりあっている。

ひとり浮かない顔は劇作家、ホンが上がらない、とつぶやく。いやいや大丈夫だ、問題ない、と励ますのはジントニック片手にボーズ、ピーチフィズを飲み干したシンコ。フロムスチャダラパー。そこからモンダイナイコールが様々なビートに乗せて奏でられる。しまいにゃ、「もーんだーいないさぁー」とライオンキング風にミュージカル調の大団円でシメ。


なんか、楽しい。

コメントを書く

駅前、ハイエースの選挙カー。街頭演説の周りには多くの野次馬が溢れて人ごみ、何やら騒々しく何かを喧伝している。くもり空でグレー、ちょいちょい寒い。大きな国道に歩道橋はかかっていて、周囲にはタワー型の高層ビルが立ち並んでいた。おそらく、ほぼ品川駅・高輪口で決まりだろう。

騒がしい人ごみには、先日の閉館騒ぎがあったホテルのニュアンスも入っていたんだと思う、ヒトが団結の下に何かを動かしてやろうという旧弊な革命思想の風がピュッと吹く。

歩道橋した、だれかの背中のどアップ。紺色の長い毛織物・ロングコート。がっつりうなじは刈り上げて、肌は褐色、鼻の先っちょくらいまでコパトーンの匂いがする。寄りによって、やっとここちらを振り向いた。黒人だった彼は、笑顔から白い歯をこぼし僕に何かを訴えかけた。自分より背は高く、目が合うが見下ろすような表情ではない。言葉にはなりきらないテレパスのような眼力。十年来の友達のようにわかりあえた気がした。

ほぼ、オバマだった。

コメントを書く

はじまりは、明るいながらも全体を覆う雲がまだ晴れきらない空模様。見下ろせば、ゆるやかに曲がった二車線道路に貨物をのせた中型トラックやハイエースが行き交っている。国道や県道にアクセスするための小さな産業道路に小さな小屋があった。

学生時代の殆どは駅からバス通学だった。パチンコ屋やコンビニ、昔ながらの個人商店が入り交じる地方の街中から、丘を切り崩した勾配のあるアップダウンを経て、徐々に林や団地群、大型スーパー、そして空が広がる。田舎とは言い切れない、小規模な農地や住宅地がマーブル状に混ざったニュータウン。その深部にキャンパスがあった。でも、よく授業はサボっていて、僕にとっての通学路は、登校時間でないバスが迂回するローカルや、行程の真ん中あたりでわざわざ途中下車して遅刻する獣道だった。キャベツ畑から富士山をみていた。

ちょうどカーブした道路の真ん中あたりにその小屋はあって、気がつけば鮨屋のような店内、5・6席程度のカウンター側に着席している。一つだけ席が空いているが、以外は縁のある若い演出家たちがいまかいまかと料理を待ち座っている。カウンター越しの料理人は、いままさに5・6口あるコンロで親子丼の玉子を一斉にとじんとする所だ。ふいに玉子のアップ、スローモーションで殻が割れ、白身越しに黄身がこぼれ落ちる、ズドン。

あっという間に彼らの目の前に親子丼は並び、お先に失礼します、と食べはじめる。まだ自分の丼はなく、「そうだよな、ここは(座っている演出家の一人)○○君の実家だもんな」と、納得した気になった途端、店の奥側らしい仄暗い洞窟のような空間に移っていることに気づく。かまぼこ型にしなるアーチ天井、コンクリートの地面にはうっすらと枯山水様式の砂紋が敷かれている。相変わらずカウンターのように一列に並ぶ演出家たちと自分は正座、親子丼は向き合うように目の前に並ぶが変わらず自分に丼椀はない。

僅かな空腹感、そして砂紋の上に正座して感じたのは罪悪感。その瞬間、指で砂をなぞり舐めた。おいしい岩塩だった。「なんだ、塩かよ」と、ため息まじりで予想を裏切られながら、一方で「なぜ自分には親子丼がこないのか」ということに怒りが込み上げたところでブラックアウト。

目覚めて時計をみればアラームもかからず寝坊、遅刻ムードにあわてて飛び起きて身支度。親子丼がでてこない怒りで目覚めたことがなぜだか妙に納得できた朝。

コメントを書く