1012円 ダイヤモンドドリルビットホールソーツールエッジの破損なしセラミック大理石ガラス石の揺れなしオプションサイズ6mm‑50mm(1pc)(22mm) DIY・工具・ガーデン 電動工具・エア工具 電動工具パーツ・アクセサリ DIY・工具・ガーデン , 電動工具・エア工具 , 電動工具パーツ・アクセサリ,1012円,ダイヤモンドドリルビットホールソーツールエッジの破損なしセラミック大理石ガラス石の揺れなしオプションサイズ6mm‑50mm(1pc)(22mm),/landslide685177.html,blog.pepin.jp ダイヤモンドドリルビットホールソーツールエッジの破損なしセラミック大理石ガラス石の揺れなしオプションサイズ6mm‑50mm 選択 1pc 22mm 1012円 ダイヤモンドドリルビットホールソーツールエッジの破損なしセラミック大理石ガラス石の揺れなしオプションサイズ6mm‑50mm(1pc)(22mm) DIY・工具・ガーデン 電動工具・エア工具 電動工具パーツ・アクセサリ DIY・工具・ガーデン , 電動工具・エア工具 , 電動工具パーツ・アクセサリ,1012円,ダイヤモンドドリルビットホールソーツールエッジの破損なしセラミック大理石ガラス石の揺れなしオプションサイズ6mm‑50mm(1pc)(22mm),/landslide685177.html,blog.pepin.jp ダイヤモンドドリルビットホールソーツールエッジの破損なしセラミック大理石ガラス石の揺れなしオプションサイズ6mm‑50mm 選択 1pc 22mm

ダイヤモンドドリルビットホールソーツールエッジの破損なしセラミック大理石ガラス石の揺れなしオプションサイズ6mm‑50mm 選択 1pc 22mm 超特価SALE開催

ダイヤモンドドリルビットホールソーツールエッジの破損なしセラミック大理石ガラス石の揺れなしオプションサイズ6mm‑50mm(1pc)(22mm)

1012円

ダイヤモンドドリルビットホールソーツールエッジの破損なしセラミック大理石ガラス石の揺れなしオプションサイズ6mm‑50mm(1pc)(22mm)

商品の説明

説明:
これらのドリルビットは、材料を除去して円形断面の穴を作成するために使用される切削工具です。選択できるサイズは多数あり、さまざまな材料にさまざまな種類の穴を作成できます。回転によってワークピースを切断するように動力を与えるドリルに取り付けられています。

仕様:
色:ゴールド
サイズ(オプション):
6/8/10/14/16/18/20/22/25/30/35/50mm
0.24/0.31/0.39/0.55/0.63/0.71/0.79/0.87/0.98/1.18/1.37/1.96インチ
数量:1
サイズ(mm)6810141618202225303550シャンク直径(mm)5‑11重量(g)11214035475763707296122227

手順:
1、使用寿命を延ばすには、冷却と潤滑のために水と一緒に使用することをお勧めします。
2、ホールドリルビットはベンチドリル、ハンド電気ドリルで使用できます。
3、手動電気ドリルを使用する場合は、45度の角度でゆっくりと開始し、最初のマークを付けた後に垂直に移動します。

パッケージに含まれるもの:
1xダイヤモンドドリルビット

注:
1.手動測定による1〜2mmの誤差を許容してください。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
2.直径の異なる2種類のシャンクがあり、ランダムにお送りします。本物を標準でお受けください。
3.この商品の新タイプと旧タイプはランダムに発送されますので、ご注文の前に気にしないでください。

ダイヤモンドドリルビットホールソーツールエッジの破損なしセラミック大理石ガラス石の揺れなしオプションサイズ6mm‑50mm(1pc)(22mm)

新しい技術

  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »
  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »